SPORTSONEの大会のオプション検討中の皆様へ
ホームページ訪問ありがとうございます。

  • SPORTSONEの大会参加者で本プログラムをもっと知りたい方は、詳細ページも是非ご覧ください!

こんな方にお勧め

  • フォームを良くしたい、自分の悪いところを直したい
  • 今の自分のフォームがわからないので、きちんと把握したい
  • もっとフォームを深く学びたい
  • トレーニングによる成長の過程を3D情報で残したい。比較して行きたい
  • コーチとメンバーで一緒にフォームを研究したい

ビデオを撮って送るだけで、フォームの3D情報をWebで手軽にみられます

実例を紹介します。
ランナーは、大竹基之さん(54歳)は、2022年の柴又60Kは自己新(4:02:12)で総合1位、2021年2位、2019年4位、2018年3位、 2017年1位と、毎年トップ争いを演じています。また、フルの年齢別ランク1位になってます。この様に、50歳過ぎても若い世代に負けず年々自己新を記録するなど、努力を続けて結果を出している市民ランナーです。

元々前職からの友人でもあり、弊社創業時の2019年に1回目のフォーム解析を受けて頂き、自身の左右差ある走りに気づき、フォームの修正を行っていました。2021年秋に再度解析を受けて、フォームの修正が上手く行っていることの確認ができました。そしてフォーム改善を続け半年後、この春とうとうPB大きく更新しました。
このように、自分に適ったフォームを自分で創意工夫してパフォーマンスを上げてる努力家アスリートですが、弊社もそのお役に立ててとても嬉しいです。(詳細レポートはこちら

真横から撮影
後から撮影
3Dでデータ合成したアニメ
走りの特徴が出ています

3Dフォーム解析の作業の流れと特徴